« 分解屋 | トップページ | パンク練習2 »

2007年12月26日 (水)

カーボン

カーボンで構成されている部分のネジの締め付けトルクには注意しましょう~うん十万円の部品がパーに成ってしまいますと言うBlogをよく目にします。最近はMy嫁のブレーキ問題でブレーキ部分をρ(-ε- )イヂイヂしてるσ(o^_^o)です、分解ついでに取付部分の構造を良くみてみました。カーボン部分はラジアル方向の肉厚があって、そこでナットを保持し、締め付けナットが長い構造でブレーキ本体側のカーボン部分で締め付ける構造になってる?なってそう?そのへんは再度測定してみないとわからない所です・・・なんか心配になってきたので、σ(o^_^o)のチャリンコメーカーにメールで質問してみましたら、シマノの取付トルクで良いとの事でした。ブレーキ部分は規定トルクで締めるだけの強度で設計されてるのですね安心しましたが、他のメーカのフレームはどうなんでしょう?ちゅうかシマノの締め付けトルクで締め付けられないフレームにシマノの部品を取り付けて販売して車体が折れたらフレームメーカーの責任やと思うのですが、なんか間違えてますかね~?

|

« 分解屋 | トップページ | パンク練習2 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分解屋 | トップページ | パンク練習2 »