« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

タイヤ

やっぱ色んなタイヤ試してみたいので、今年の自分へのお疲れさんプレゼントとして購入しました。

R0010120

ビットリアOpen Corsa EVO CX 290TPI

CXⅡが発売されてますが(;´▽`A``

R0010123

コンチネンタル Grand Prix 4000

雑誌のインプレとか読んでるだけなんで、自分との感覚の違いとかが、どんなもんなんかと~、興味津々です。

σ(o^_^o)と嫁がインプレする予定で~す。

こんなチャリンコの楽しみ方が、σ(o^_^o)はええな~と思ってます。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

かしわ

クリスマスやから、かしわ食べた~

R0010085

R0010088

ど~せ、儂にはなんも~回ってこんやろかから~せめて、めちゃくちゃ回る太股おくれ~~、贅沢は言わん~ターボ付きでお願い~(-m-)” パンパン

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

思い過ごしも32穴

嫁はんから電話~

「私のリムの穴何個?」

即答で答える

「さんじゅ~~ぅ に~けつ~」

買って来て、ばらして組み立てようと、外したニップルの数勘定して・・・

28個しかない~彡(-_-;)彡ヒューヒュー

なぜかサザンの歌が流れた~♪

| | コメント (2)

2008年12月 8日 (月)

ポジション3

日曜日、試走してきました。

チーム走行会に参加する予定で、余裕で用意していたのに、シューズカバー探したりなんやらかんやらで、出発時間に間に合わん~、まあええか~どっちみち途中でポジション合わせとかしながら走るんやから、チーム連やとなにかと迷惑になるかな~と言うことで1人でサイクル橋まで行くことにしました。

後輪に乗ってます~安定してます~下ハン持っても窮屈ちゃいます~、でも~でも???

スピードでませ~ん、向かい風???数人のロディーは抜いたけど???

しばらく頑張ってみましたが、心拍が上がる前になんか、太股内側とお尻の外側、腎臓の周辺の腰部分が・・・、

太股とお尻のこんな所の筋肉使こたことな~い、へろへろ~~、全然力でん~がな~、

帰りたい~止まりたい~と思いながら、なんとか頑張ってサイクル橋に到着・・・。(9:45)

しばらく休憩(写メ)してたら、嫁が、「寒いならお迎えに行きなさい」と・・・

で、迎えに行きました5分で前から、先頭集団に遭遇、即Uターンして追いかけましたが・・・やっぱり追いつかんわ~(笑)

ちゅうことで、本日はサイクル橋で帰りま~す。ここで轟チェ~クが入りました。

「サドルが上向いてるから、お尻が固定されてだめなんちゃいますか?」

確かに、今日は全然力が入らん、ペダルを踏み込む事すらできまへん・・・

で、SMP前チョイ下げセッティングでスタート・・・

1回転ズルー、2回転ズルー、3回転ズルー、4回転元の位置~♪

1回転ズルー、2回転ズルー、3回転ズルー、4回転元の位置~♪

1回転ズルー、2回転ズルー、3回転ズルー、4回転元の位置~♪

うんうん、お尻の位置が常に変わってこれならお尻痛くならないわ~って???

お尻とか足が売り切れる前に、腹筋背筋がモリモリ男になりそうなので・・・

横のベンチを探してチャリンコを止め、もうちょい傾きを緩やかに変更しました。

で、前に追いつく為に35km/h巡航~、途中で前輪がギャップで跳ね上げられて、ハンドルから一瞬手がはなれた・・・、うっ、全然前輪を押さえられてない、踏み込めない=ハンドルが遠い?それともこれ位がええのか??ポジションの謎は深まるばかり~(笑)

店に帰ってハンドルを物色、下ハン持ったときにもっと楽にブレーキまでとどくハンドル・・・

コンパクトタイプ購入しました。

変更前、アナトミック

R0010078

変更後、コンパクト

R0010080

う~ん、ブレーキまで指が楽にとどくようになりましたが、また前が詰まりすぎで、下ハンをもつときつい~、もうちょっと乗って検討してみま~す。

こうやって色々やってるのが楽しい今日この頃 (='m') ウププ

| | コメント (2)

2008年12月 3日 (水)

Position

こりずに、Position変更しました。

12月号のバイシクルクラブを見て、クリートの位置合わせ・・・、

一番前にしてみた、靴の先がだいぶ空いているので・・・

サドルは、今までの位置が一番前にしてあったので、18mmバックしました。

思いっきり前傾、腹がつかえます。でもこのPositionなかなかええかも、しばらくは試行錯誤しながら走ってみよう~

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »